射精管理で苦汁の快感

射精管理のススメ

 

射精管理

支配者が下僕男性の射精を完全に監視・コントロールする.

射精管理

SM調教としてはとてもポピュラーである射精管理についての解説や手法になります。

 

射精管理の方法

強制射精
強制射精

下僕の下半身を強制的に刺激し、連続射精させる。

●概要

一度射精しても刺激し続け、繰り返し射精させ続ける拷問的な行為。下僕男性は下半身に直接的な苦痛・不快感を伴い続ける事に。

●テクニック

下僕が暴れたり逃亡など出来ないよう、全身をイスなどに拘束する、宙吊りにする、仰向けの状態で全身を拘束する場合が多い。『一生シゴクのやめないからね』など、心理的に追い込む為の絶望的な言葉攻めも同時に行う事で、マゾはより苦しみ、喜ぶ。

 

射精禁止
寸止め!射精禁止

自主的な射精を禁ずる”おあずけ行為”。

●概要

S女によるサディスティックな攻撃に対して、興奮の絶頂に達しても、下半身を触る事を許されず、ひたすら射精させてもらえない拷問的な行為。一回のプレイの中で”おあずけ”を行う場合と、長期間(数日~数週間)にも及ぶものまで、おあずけ期間はS女の気分次第。。。

●テクニック

マゾが大好物なサディスティックな攻撃を必要以上に執り行う。不用意に下半身を触らせないように強制的に貞操帯を装着させる場合も多いのですが、あえて女王様が触って刺激をし、射精寸前になって”おあずけ”をする寸止め生殺しタイプが実は一番きつい。

 

違反罰則

M男におしおき

射精管理の命令に逆らった場合、今後の調教の為にも厳しい罰を与えます。

●違反事例

女王様からの強制射精から逃げ出す行為。

女王様からの射精禁止命令を無視して射精する行為、または偶発的に射精”おそそ”をしてしまった場合。

●テクニック

寸止めをするフリをしてあえて射精をさせ、わざと罰っする事でM男を喜ばせるのもテクニック。

下僕は我慢をすればするほど苦しみ喜びます。慣れてきたなら徐々に射精禁止期間を増やしていき、精液と射精欲を溜めるに溜めて、最後は思う存分、強制射精というパターンが最強です。

 

まれに下半身を刺激しなくても、痛めつけるだけで射精してしまう敏感なタイプもおりますので、それこそ射精管理に適した逸材ですね。

『支配する』 『支配される』 BDSMの基本理念に忠実な射精管理を上手に活用して、より良い絆を目指したいですね。

 

7件のコメント

  1. ドライオルガズム得意な嬢のいるM性感で連イキさせられたけど苦しいだけで全然気持ちよくなかったです。ドライは凄く気持ち良いと聞くので連イキとは別物のような気がします。

  2. 失礼な勘ぐりかも知れないが、性同一障害の人も射精管理されたいと思うのだろうか。

  3. 寸止めプレイをよくやります。寸止めと言っても実際はちょっとイッテるけど精子が出ないようにアソコに力を入れてイッテないフリをよくしていたのですが、最近になって残尿が酷くなりました。もしかしたら尿管の弁がいよいよ壊れたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。