誰も知らないフェティッシュな変態・SM電話番号

アナタはフェティシズムが強いほうですか?
 
フェティシズムを楽しんでいらっしゃいますか?
 
 
フェチを楽しむ方法は色々、人それぞれ。フェティシズムがちょっと人より強いだけの、かく言う一介のサラリーマンである私が最も手軽かつ、有効的にフェチの解放を楽しむ方法がフェティッシュ電話だと確信しています。しかしその存在はほとんど知られていません。
 
 
 
フェチの度合いが強い人ほど、人より多くのエクスタシー(快楽)を得る事ができます。
 
 
また逆にフェチを抑える事はこの上なく苦痛。
 
 
フェチとは苦痛と快楽が表裏一体の生き物のような存在。暴れだすとコントロールが効かなくなる場合もあります。
 
 

フェチを露にできない

 
通常の生活を送る限り、変質的フェティシズムは隠し通さねば社会からの信頼を失い兼ねません。
 
しかし隠せば隠すほど苦しみが増します。
 
その為フェティシズムをなんらかの方法で発散させ精神バランスを得ようとするのは正常な人間の性なのです。
 
 
アフターファイブを利用したM性感などのフェチ系風俗やSMバー。発散方法として一般的に思いつくサービスはこのくらいなもので、サービス以外の方法だとそれは犯罪行為に繋がる危険性があります。
 

なぜ犯罪か

 
それは特質的な性的倒錯をフェティシズムと呼ぶこと。フェチはあからさまに主観であることから他人には理解しがたい変質的なものであり、そのくせ本人もまともにコントロールできないほどの強烈な自我を放ちます。ゆえに他人に対しての迷惑行為に発展しやすい性質があります。
 
犯罪行為に至らないまでも、フェチの解放を求め合う者同士、もしくはサービスとして提供する側、など発散対象が理解者でない限り、純粋に生理的に受け入れがたく、到底付き合いきれないものです。
 

フェチ系サービスの敷居の高さ

 

しかしM性感やSMバーなどは最初の一歩を踏み出す勇気が必要であり、また一般人が日常的に通うにはコストがかかります。フェティッシュ系サービスは特殊なものである事と、日々モラルに縛られ続けている社会的地位の高い顧客を主にターゲットにしている事から高額に設定されています。

有料サービス以外の対象としては、一般からパートナーを探す必要が出てくるわけです。しかし一般社会で変態的願望を要求する事など大半の人が非常識として認識している事は言うまでもありません。

公の場でフェティッシュパートナーを探す場所、それに特化したものがツーショットダイヤルを利用した変態マニア向けのフェティッシュ電話。

 

フェチ系電話サービス

 

フェティッシュ電話サービスには様々な利点があります。

利用料金が安価である

1分100円~200円と言う分単位での料金発生になり無駄なく安価で楽しむことができる。

お互いに同じ目的

フェティッシュの発散と言う共通テーマの男女同士という時点で常識と言う概念から既に解放されている。

電話でのSMプレイ、変態テレフォンセックス

電話だけでフェティシズム開放を完結する事ができる。この方法は一番リーズナブルな発散手法とも言えます。言葉攻めを得意とする方には特に活用しやすい手法。

SMを含むフェティッシュなパートナー探し

同じ種のフェティシズムを持つ異性を探し、リアルで楽しむパートナーとして向かいいれる事ができるので『フェチ専門出会い系』として機能させられます。電話で交渉をし実際に会うという手間はかかりますが、フェティッシュパートナーの確保は長い目で見れば一番の理想かもしれません。

 

一人の人間の特質的な願望のはけ口に分類されるフェティッシュ電話は他人と共有するようなものでは無いので、口コミでも広がりづらく、このページに来られた方のように偶然のきっかけでしか知りえないもの。それが誰も知らない孤高で淫靡なフェティッシュ電話の立ち位置なのかもしれません。

アナタのフェティッシュライフにひとつ加えてみては如何でしょうか。

 

4件のコメント

  1. SMにはとても興味があるのですがねぇ。コミュニケーション力が低くて電話する勇気が出ないと言う。

    1. リアルは顔合わせてて逃げ場無い感じですが、電話ならいつでも切れる!って思うと勇気が出ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。